ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年03月19日 15時10分 公開

「本を聞く」文化、定着へ 月額750円「聞き放題」で攻勢、オトバンク

オトバンクが、オーディオブックの配信サービス「FeBe」を「audiobook.jp」にリニューアルし、月額750円の聞き放題サービスを追加する。日本では発展途上のオーディオブック市場だが、音声コンテンツの需要拡大でユーザーが急増。

[ITmedia]

 “耳で聞く本”オーディオブックを制作・配信するオトバンク(東京都文京区)は3月19日、配信サービス「FeBe」を「audiobook.jp」にリニューアルし、聞き放題プラン(月額750円)を追加すると発表した。日本では発展途上にあるオーディオブック市場だが、スマートスピーカーの登場など、音声コンテンツの需要拡大を追い風に、「本を聞く」文化の定着へ攻勢をかける。

photo

 オーディオブックは、本をナレーター、声優が朗読した音声を提供するサービス。オトバンクは2007年に「FeBe」をスタート。これまでiOS/Android、Windows 10やWebブラウザ向けに展開してきた。今回サービス名をaudiobook.jpに改め、コンテンツの個別購入(約2万3000点)だけでなく、聞き放題プラン(約1万点が対象)を導入する。

photophoto audiobook.jpのアプリ画面。シチュエーションやテーマ別にコンテンツを提供する「ブックリスト」、再生スピードの変更、音声ダウンロード機能などを備える。旧FeBeのユーザーは、登録したメールアドレス、パスワードをそのまま使える

 オーディオブックは、クルマ社会の米国などでは、通勤・通学時、オーディオ機器の持ち運びに困らない――などの理由で早期から市場が形成。一方、公共交通機関が発達する日本では市場が立ち遅れたとされる。しかし直近では「急激な伸びを見せている」(オトバンク)という。

 FeBeの会員登録者は約15万人(15年)、約18万8000人(16年)、約29万7000人(17年)と成長。17年の登録者数は前年比約3倍(過去最高)だった。当初はビジネス書、自己啓発本を主に提供していたが、児童書や小説などラインアップを拡充し、育児などで“目と手が離せない”女性といった新規ユーザーの獲得につながったという。

photo FeBe会員登録数の変遷。18年1月には30万人を突破した

 また、17年後半には、米GoogleやAmazon.comなどがスマートスピーカーを日本市場に相次いで投入した。オトバンクは、音声コンテンツの需要拡大がさらに進むと予想。オーディオブックの認知拡大のため、よりシンプルなサービス名への変更を決めたという。

 今後は、オリジナルコンテンツ制作の他、各種スマートスピーカーへの対応などを予定している。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.