ITmedia NEWS >
ニュース
» 2018年03月21日 23時55分 公開

マストドンつまみ食い日記:Facebookを退会すべき理由#DeleteFacebook

5000万人のFacebookユーザーデータが前回の米大統領選で不正利用されていた件は、単なる個人情報流出ではない、そうオイゲン・ロチコさんは主張する。

[松尾公也,ITmedia]

 マストドン公式ブログの最新エントリーはオイゲン・ロチコさん執筆の#DeleteFacebook。mastodon.socialでの紹介文は「民主主義を危機に陥れていないプラットフォームより」となっている。もちろん、5000万人のFacebookユーザーデータをトランプ候補(当時)陣営に売り渡したことを批判してのことだ。

 Facebookは前回の大統領選挙時にフェイクニュースの拡散に一定の役割を果たしたことでトランプ陣営に利したことを認めて「SNSは時には民主主義に悪影響を与える」と発言し改善に努めるとしていたが、さらに悪いことが発覚した。New York Times紙とGardian紙がデータ解析企業Cambridge Analytica(CA)によるユーザーの個人情報不正利用で、Facebookの約5000万人の個人情報が、2016年の米大統領選でドナルド・トランプ候補陣営に不正に利用されていたと報じたのだ。

photo

 オイゲンさんは、個人情報が違法に取得されたということが重要なのではなく、「どれだけのデータをFacebookが収集し、我々について解析しているか」という問題なのだと指摘している。これはFacebookのサードパーティーが米大統領選挙に影響を与えたということだが、もしもマーク・ザッカーバーグ氏が大統領選に出馬しようとしたらどうなるか。

 1984ではビッグブラザーが人々を支配していたが、今はそれがビッグデータに変わっている。Facebookに支配されない、自分のデータを自分でコントロールできるSNS、Diaspora、Scuttlebutt、Hubzilla、そしてマストドンへのスイッチをオイゲンさんは勧めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia NEWS TV配信中!