ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年03月23日 11時00分 公開

コインチェック、業務改善計画書を金融庁に提出

コインチェックは22日、金融庁から求められていた業務改善計画書を提出したと発表した。金融庁は同社に対し、経営体制の抜本的な見直しや顧客保護の徹底などを求めている。

[ITmedia]

 金融庁から2度目の業務改善命令を受けていたコインチェックは3月22日、業務改善計画書を同日、金融庁に提出したと発表した。計画書の内容は明らかにしていないが、「改善計画の詳細な内容・具体的な履行などについて関係者と議論を進め、固まり次第、順次公表する」としている。

画像 金融庁が3月8日、コインチェックに対して出した業務改善命令。経営体制の抜本的な見直しや顧客保護の徹底、扱う仮想通貨についてのリスクの洗い出しなどを求めている
画像 コインチェックのニュースリリースより

 金融庁はコインチェックに対し、1月と3月の2度にわたり業務改善命令を出している。2度目の改善命令では、経営体制の抜本的な見直しや顧客保護の徹底、扱う仮想通貨についてのリスクの洗い出しなどを求められており、22日が報告期限だった。

 同社は22日、業務改善に関する計画書の提出を報告した上で、「1日も早く全サービスの再開を行えるよう、システムの安全性の確認を進める」とコメントした。

 また同社は22日、仮想通貨「LISK」(LSK)と「Factom」(FCT)の出金と売却を再開したと発表した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.