ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年03月23日 14時08分 公開

スマホが文書スキャナーになる「Adobe Scan」、PDFの修正や整理が可能に トリミングもアプリから

アドビシステムズが無料スキャンアプリ「Adobe Scan」のアップデートを発表した。複数ページにわたるPDFデータの修正や整理が可能になった他、Adobe Document Cloudで保存したPDFデータのトリミングや画像補正もアプリでできるようになったという。

[ITmedia]

 アドビシステムズは3月23日、無料スキャンアプリ「Adobe Scan」(iOS/Android)のアップデートを発表した。「Adobe Acrobat DC」など他のツールを使わなくても複数ページにわたるPDFデータの修正や整理が可能になった他、Adobe Document Cloudで保存したPDFデータのトリミングや画像補正もアプリで行えるようになったという。

photo

 Adobe Scanは2017年6月に米Adobeが公開した、スマートフォンなどのカメラで撮影した文書をPDF化できるアプリ。同社の人工知能(AI)技術「Adobe Sensei」(アドビ先生)を活用しており、切り抜きやキャプチャー、ゆがみ補正や影の削除などを自動で行ってくれる。スキャン・補正した画像は、同社のクラウドサービス「Adobe Document Cloud」上にPDFファイルで保存も可能。一部機能を除き無料で利用できる。

 今回のアップデートでは、選択したPDFの修正や整理が「スキャンを変更」メニューから可能になった。複数ページにわたるPDFに新しい写真を追加したり、PDFのページを並べ替えたり、不要なページを削除したりといった作業がアプリ単体で行える。

photo 「スキャンを変更」
photo PDFページの追加

 PDFデータのトリミングやページの向き変更などの画像補正も、Adobe Scanアプリで行える。

photo トリミング
photo ページの向き変更

 また、Adobe Senseiによって撮影時の明るさに合わせたスキャンが行えるようになり、画像補正の精度も向上したという。暗い場所でスキャンを行う際に、自動でスマートフォンのライトがつく機能も設けた。同社は今後も個人利用やオフィス業務までさまざまなシーンで役立つ機能を提供するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.