ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年03月26日 13時02分 公開

NHKが「人造アナウンサー」開発、コップのフチにいそうな「ニュースのヨミ子」さん

NHKが、音声合成でニュースを読み上げる3D CGの「人造アナウンサー」を開発した。名前は「ニュースのヨミ子」さん。平日午後11時10分から放送している「ニュースチェック11」にバーチャルリポーターとして登場する。

[ITmedia]

 NHKが、音声合成でニュースを読み上げる3D CGの「人造アナウンサー」を開発した。名前は「ニュースのヨミ子」さん。平日午後11時10分から放送する「ニュースチェック11」(4月から放送時間を変更)にバーチャルリポーターとして登場する。「NHKの地上波ニュースにAIで発話するアナウンサーが登場するのは初めて」(NHK)

「ニュースのヨミ子」さんの概要

 人気キャラクター「コップのフチ子さん」を手掛けたタナカカツキさんがデザイン。ピョンチャン五輪の「ロボット実況」に使用した技術をベースとしてバーチャルアナウンサーを開発した。読み上げの監修はNHKのアナウンス室が担当する。

「コップのフチ子さん」(参考画像)(c)KITAN CLUB Co., Ltd.

 当面はニュースチェック11専属のリポーターとして活動し、毎週水曜日には5分ほどの“ヨミ子のコーナー”でニュースを読み上げるという。「新人なので最初はたどたどしいと思うが、『読み』『動作』など1年かけて成長(機械学習)していく」(NHK)。成長した後は、全国のNHKに活躍の場を広げるという。

 スマートスピーカーにも進出する。スピーカーに「ヨミ子につなげて」と呼びかけると登場し、ジャンルや項目を選ぶと最新ニュースを読み上げる。4月に「Google Home」、6月に「Amazon Echo」シリーズに対応する予定だ。またスマートフォン向けにヨミ子さんと一緒に写真がとれるARカメラアプリを提供するなど、さまざまなサービスを展開する。

 「将来的には自由な会話もできる、本当の意味でのAIアナウンサーになってもらいたいと期待している」(NHK)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.