ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年03月26日 15時20分 公開

AIが献立提案 味の素がレシピサイトで公開 約1万レシピから3品を組み合わせ

味の素が、献立を自動提案するAIを開発し、自社レシピサイト「AJINOMOTO PARK」に導入した。約1万レシピから3品を組み合わせて提案する。

[ITmedia]

 味の素は3月26日、AIが献立を自動提案するシステムを開発し、自社レシピサイト「AJINOMOTO PARK」に導入したと発表した。サイト上でユーザーが1品のレシピを選ぶと、主菜、副菜、汁物から適切な2品を加えて計3品の献立として提案する。

献立 AIが献立を提案

 サイト内でレシピを選んで「このレシピの献立を見る」を押すと、残り2品を選んで「おすすめ献立」として表示する。レシピ名、食材、栄養成分など、同社が蓄積した約1万レシピのデータベースを活用。栄養基準や季節、調理器具の重複制限、料理ジャンルを統一するなど、あらかじめ設計したルールと合わせ、献立を提案する。

AI AIの仕組み
AI 献立を提案

 提案された献立に対し、担当者がOK/NGをフィードバック。AIが機械学習することで献立の精度を高めていったという。彩りや味のバランスなど、数値や言語では表せない要素も考慮したのが特徴。

 従来は約1000レシピから2品を組み合わせた献立提案をしていたが、新システムによって約1万レシピから3品を組み合わせた献立の提案が可能になった。

 同社の調査によると、普段料理をする人は「栄養バランスの良い献立」を最も重視する一方で、全体の約76%がおかず(主菜、副菜)や汁物の組み合わせといった献立を考えることに負担を感じていると答えたという(2014年調べ)。

調査 同社の調査

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia NEWS TV配信中!