ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年03月27日 15時27分 公開

日本発「空飛ぶクルマ」、NECが協力 無人航空機の制御技術などで

NECが、空飛ぶクルマを開発するプロジェクト「CARTIVATOR」の運営団体とスポンサー契約を結んだ。出資の他、無人航空機の制御技術などを提供する。

[ITmedia]

 NECは3月27日、日本発の空飛ぶクルマ開発プロジェクト「CARTIVATOR」(カーティベーター)を運営する有志団体とスポンサー契約を結んだと発表した。資金面の支援に加え、NECが培ってきた無人航空機の制御技術などを提供する。出資額は非公開。

photo 有志団体が開発している空飛ぶクルマ「SkyDrive」のイメージ

 CARTIVATORは、自動車メーカー、スタートアップなどの若手技術者が集まり、2020年に空飛ぶクルマ「SkyDrive」を実用化しようと取り組んでいる。NECは今後、無人航空機の管制技術、電波監視技術、サイバー攻撃への対策技術などでも協力を予定している。

 同団体へは、トヨタ自動車、ダイハツ工業などトヨタグループ15社が3年間で総額4250万円を出資する方針。パナソニックも支援を決定している

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.