ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年03月27日 16時47分 公開

NTTグループ、同性パートナーを「配偶者」に 福利厚生など適用拡大

NTTグループが4月1日から、扶養手当や福利厚生など配偶者に関わる制度全般を、同性パートナーにも適用する。

[ITmedia]

 NTTグループは3月27日、各種手当や福利厚生など、配偶者や家族に関わる制度全般を、4月1日から同性パートナーにも適用すると発表した。これまでも結婚休暇など一部制度では、同性パートナーにも適用していたが、対象の制度を拡大する。

photo

 結婚休暇・忌引き休暇に加え、パートナーの出産や育児に関わる休暇、パートナーやその家族の看護、介護に関わる休暇を適用可能にする。扶養手当や単身赴任手当の他、慶弔金、慶弔電報の発信、社宅入居など福利厚生も対象に加える。

 NTTグループは「これからも多様な人材がともに協働し、一人一人が能力を最大限発揮し活躍できる職場づくりに取り組む」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.