ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年03月28日 06時19分 公開

Appleの「新しい9.7インチiPad」、教育向けは299ドル、「Pencil」追加で388ドル

Appleはシカゴの高校で開いたイベントで、「新しい9.7インチiPad」を発表した。「Apple Pencil」(別売)をサポートし、プロセッサがA9からA10にアップグレードして価格は据え置き。米教育機関向けには一般向けより安く販売する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは3月27日(現地時間)、シカゴの高校で開催の教育関連イベントで、新しい9.7インチの「iPad」を発表した。日本を含む各国で予約を開始した。

 ipad 1 新しい9.7インチiPadを発表するティム・クックCEO

 価格は一般ユーザー向けは329ドル(日本では税別3万7800円)から、教育機関向けは299ドル(日本では税別3万5800円)から。Wi-Fi版とWi-Fi+セルラー版があり、色はシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色。

 ipad 2 Apple Pencilに対応した新しいiPad

 従来の9.7インチiPadの後継に当たり、一般向けの価格は据え置きだ。先代との主な違いは別売の「Apple Pencil」に対応したことと、プロセッサが「iPhone 7」から採用されている「A10 Fusion」になること。Apple Pencilは99ドルだが、教育向けには89ドルで販売する。

 教育向けは、Apple Pencilを付けても388ドルで、前日に米Googleが発表した「Chromebook Tab 10」のスタイラス付きで349ドルという価格に迫る。Pencilではなく、同日にLogitech(日本ではロジクール)が発表した教育機関向けスタイラス「Logitech Crayon」を選べば、ほぼ同額になる。

 ipad 3 Logitech Crayonと合わせると348.99ドル(教育機関向け価格)

 米教育市場では、AppleはGoogleに大きく水を開けられている

 Appleはこのイベントで、Pencilサポートの新「iWork」や教師向けカリキュラム「Everyone Can Create」などの新しい教育関連サービスを発表した。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.