ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年03月29日 09時12分 公開

「Let'snote」などバッテリー発火の恐れ 117万台リコール 充電制御ユーティリティ適用を

「Let'snote」シリーズの一部などで、劣化の進んだバッテリーパックから発火する恐れがあるとして、約117万台のリコールをパナソニックが発表した。

[ITmedia]

 パナソニックは3月28日、ノートPC「Let'snote」シリーズと「TOUGHBOOK」シリーズの一部で、劣化の進んだバッテリーパックから発火する恐れがあるとし、合計約117万台のリコールを発表した。バッテリーパックの回収・交換は行わず、発火を避けるためのプログラムの提供などで対応する。

画像 対象機種
画像 型番の確認方法

 対象は、Let'snoteシリーズ「CF-SX/NX」「CF-S10/N10」「CF-AX」の一部と、TOUGHBOOKシリーズ「CF-C2」の一部。

 2016年8月から18年4月にかけ、対象機種による発火・焼損事故が12件起きていたという。「CF-SX/NX」「CF-S10/N10」用バッテリーパックは17年12月にリコールを実施したが、その対象外のモデルからも発火事故が8件発生していたという。

 事故の原因は特定できていないが、バッテリー劣化による内圧の上昇と微細な異物の混入でショートが発生したと判断している。バッテリーの劣化状態を診断し、最適な充電制御を行えば、ショートの防止が可能だと判明したため、新たにバッテリー診断・制御プログラムを開発することにした。

 対象機種をネット接続すると、PC画面に対象機種であることを表示。緊急対策として、充電量を80%に制限することで発火の危険性を低減する充電制御ユーティリティの利用を案内する。バッテリー診断・制御プログラムは5月末に完成予定。完成次第、ダウンロード・インストールを案内する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia NEWS TV配信中!