ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年04月02日 09時10分 公開

Google、URL短縮サービス「goo.gl」を2019年3月30日に終了へ

Googleが2009年から提供してきたURL短縮サービス「Google URL Shortener」(goo.gl)を終了する。同社は自社のスマートURL「Firebase Dynamic Links」あるいはBit.lyやOw.lyなどの他社サービスへの移行を勧めている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは3月30日(現地時間)、2009年に開始したURL短縮サービス「Google URL Shortener」(goo.gl)の提供を終了すると発表した。

 同日から、同日までにURL Shortner APIsにアクセスしたことのあるユーザー以外は新規に短縮URLを生成できなくなる。APIにアクセスしたユーザーは、1年後の2019年3月30日までは利用できるが、この日にAPIが終了する。生成済みの短縮URLは2019年3月30日以降も実際のURLにリダイレクトする。

 shortner 1 Webサイトにも告知が表示されている

 終了の理由は、同社のスマートURL「Firebase Dynamic Links」(FDL)へのシフト。Firebase Dynamic Linksのサイトによると、「Dynamic Linksは、既存のユーザーと潜在的ユーザーをiOSまたはAndroidアプリ内の任意の場所に誘導できるスマートなURL」という。

 ユーザーに対しても、FDLへの移行を推奨している。だが、技術的な知識のない一般ユーザーでも手軽に使えたgoo.glとは異なり、FDLはモバイルBaaSサービスFirebaseのモバイル開発者向けツールだ。Googleは一般ユーザーにはBit.lyやOw.lyなどの他社のURL短縮サービスを勧めている。

 shortener 2 Firebase Dynamic Links

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.