ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年04月03日 13時45分 公開

AIが「自分の性格に似た本」選ぶ SNS投稿を分析 近畿大のスマホアプリ

近畿大学が、SNSの投稿内容を分析してその人の性格に合った本をAIがおすすめする機能をスマホアプリに実装した。

[ITmedia]

 近畿大学が、AI(人工知能)がSNSの投稿内容を分析し、その人の性格に似た本を紹介する機能をスマートフォン用アプリ「近畿大学アカデミックシアター」(iOSAndroid)に追加した。同大の学生以外も利用できる。

診断 「近畿大学アカデミックシアター」サイト内の性格診断

 2017年6月に、同大の図書館施設「近畿大学アカデミックシアター」で提供開始した書籍診断コンテンツの進化版。TwitterやFacebookと連携させると、過去の投稿内容からその人の性格を分析。これまで提供していた「潜在的興味に一番合致する本」の提示に加え、ジャンルごとに複数の「似た性格の本」を検索できるようになった。同施設内にある約7万冊の本が対象。

スマホアプリ Twitter連携し、おすすめ本を提示された
アプリ 他のジャンルの本もレコメンド

 性格の特性を表すモデルとして、1980年代に米国の心理学者ゴールドバーグが指摘して注目を浴びた「ビッグファイブ理論」を活用。「開放性」「誠実性」「外向性」「調和性」「神経症傾向」の5因子を数値化し、性格を分析する。数値化されたグラフは手動で調整可能で、SNSアカウントを連携しなくても診断シートの質問に回答することで性格を分析できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.