ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2018年04月03日 18時09分 公開

トヨタとパーク24、都内でカーシェア 車載機器からデータ収集

トヨタ自動車とパーク24が、都内でカーシェアリングサービスを試験的に行う。車両の安全性向上や無人化の推進につなげる。

[ITmedia]

 トヨタ自動車とパーク24は4月3日、東京都心の一部でカーシェアリングサービスを試験実施すると発表した。車載機器から得たデータを生かし、両社のノウハウとも組み合わせ、車両の安全性向上や無人化の推進につなげる。期間は2018年6月〜19年3月末までを予定している。

photo カーシェアリングサービスに利用する「TOYOTA C-HR」

 パーク24のカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」のオペレーションシステムをベースに、同サービスの対象車両「TOYOTA C-HR」60台を活用する。車両には、トヨタ製の通信型ドライブレコーダー「TransLog」などを搭載する。TransLogは、燃費データや運転中の急加速・減速などを検知できる。

 車載機器から情報を収集し、オペレーション効率や安全性の変化を検証。蓄積したビッグデータをAI(人工知能)で分析するという。

photo 試験実施の概要=ニュースリリースより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.