ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年04月04日 12時14分 公開

JR東、新しく製造する車両全てに防犯カメラ

JR東日本が、2018年度以降、新たに製造する新幹線、在来線など全ての旅客車両に、車内防犯カメラを設置する。

[ITmedia]

 JR東日本は4月3日、2018年度以降に新たに製造する新幹線・在来線など全ての旅客車両に、車内防犯カメラを設置すると発表した。これまでも山手線の新型車両「E235系」などに設置しているが、さらなるセキュリティレベルの向上を目指す。

 また、一部の既存車両を改造してカメラを導入する。E259系成田エクスプレス(全132両)は2019年度春以降、E353系中央線特急(投入済み87両)とE657系常磐線特急(全170両)は18年度冬以降、順次設置していく。設置車両には、カメラが作動していることを示すステッカーを貼る。

photo 一部の既存車両では、改造してカメラを導入する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.