ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年04月06日 11時56分 公開

第4回 先端デジタルテクノロジー展:誰でも手軽に“バーチャルYouTuber” 離れた場所にいるVTuberが1つの画面に収まる制御システム公開

VRコンテンツの企画開発を手掛けるアルファコードが、離れた場所にいるバーチャルYouTuber同士が1つの画面で配信できるツールを披露。

[村上万純,ITmedia]

 離れた場所にいるバーチャルYouTuber同士が同じ画面で配信できるツールを、VRコンテンツの企画開発を手掛けるアルファコードが「第4回 先端デジタルテクノロジー展」(東京ビッグサイト、4月6日まで)に出展している。まだ正式名称が決まっていない初お披露目のもので、同社の担当者は「強いて言えば、バーチャルYouTuber制御システムのようなもの。YouTubeを始めとするさまざまなプラットフォーム上で使える」と話す。

PC アルファコードのバーチャルYouTuber制御システム

 「誰もが手軽にバーチャルYouTuberになれる」とうたうツールで、PCとWebカメラを連動させることでユーザーの表情を認識し、笑う、怒る、泣く、目を閉じる、しゃべる、しかめっ面をするなど、画面上のキャラクターの表情が変化する。奥行きもあり、体の傾きなども検知する。デモでは「いらすとや」のイラストを使っていたが、3Dのモデリングデータも利用可能という。

PC ツールの設定画面

 離れた場所にいるバーチャルYouTuber同士を最大3人まで同じ画面に収められるのが特徴。それぞれのPCでサーバを立て、配信用PCをクライアントにしてIPを共有すると、1つの画面で3人のキャラクターが共演できる。背景も自由に選べる。

PC 背景は自由に選べる
PC PC上で表示したウィンドウを並べることも

 また、PCにつなげたゲーム用のコントローラーで操作すれば、あらかじめ設定しておいたエモートアクションを利用できる。悔しがる、白旗を振るなどさまざまなアクションをボタン1つで行える。

PC コントローラーでエモートアクションを操作
PC

 ツールの提供方法や対象ユーザー、マネタイズなどはこれから検討する。同社の担当者は「IP(知的財産)を持っている会社や声優プロダクションなどと協力し、プロモーション映像を配信するなどの可能性はある」と説明する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.