ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年04月18日 11時01分 公開

仮想通貨取引所大手・米Krakenが日本撤退

米仮想通貨取引所大手Krakenが日本撤退。「グローバルな最適化を慎重に検討した上での判断」としている。

[ITmedia]

 米サンフランシスコに拠点を持つ仮想通貨取引所大手Krakenは、日本居住者向けの仮想通貨交換サービスを6月中にも廃止する。日本向けサービス運営元のPayward Japanが4月17日に発表した。「グローバルな最適化を慎重に検討した上での判断」で、将来の再参入の可能性はあるとしている。日本国外向けのサービスは続ける。

画像 Kraken公式サイトの告知より

 2014年10月に日本向けサービスを開始。現在は、仮想通貨交換業に登録申請中の「みなし業者」として運営している。

 5月中旬に入金・入庫を締め切り、6月中旬には売買取引サービスを終了。6月下旬に出金・出庫を締め切る予定で調整しているという。

 「産業全体のグローバルな成長をしっかりとつかんだ上で、将来、日本に向けたサービスを再検討したい」と、将来の再参入の可能性に含みを持たせている。

 破綻した仮想通貨取引所・Mt.Goxの債権弁済に関わる技術支援は続けるという。

 コインチェックから巨額の仮想通貨が流出し、当局が取引所の審査や監視を強めて以来、みなし業者の撤退が相次いでいる。この4月にも、ビットステーションやCAMPFIREが、取引所事業からの撤退を発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.