ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年04月18日 15時00分 公開

セブン店舗に民泊チェックイン機 フロント業務を代行

セブン-イレブン・ジャパンとJTBが、東京都内の一部セブン-イレブン店舗で、無人の民泊チェックイン機を順次設置する。民泊利用者が本人確認と鍵の受け取りができる。

[ITmedia]

 セブン-イレブン・ジャパンとJTBは4月18日、東京都内の一部セブン-イレブン店舗で、無人の民泊チェックイン機を6月15日から順次設置すると発表した。訪日外国人など民泊利用者は24時間いつでも本人認証と鍵の受け取りができる。民泊事業者のフロント業務を代行し、負担を軽減する。

photo

 店舗の端末「セブンチェックイン機」で、宿泊予約番号の入力、宿泊名簿登録(氏名、住所など)に加え、パスポートの写真と本人の顔写真を撮影して本人認証する。写真は、JTBが設ける24時間対応のコールセンターで目視確認するという。チェックインが完了すると端末内のキーロッカーが開き、宿泊する部屋の鍵を受け取れる。

 6月施行の住宅宿泊事業法(民泊新法)では、民泊に物件オーナーが不在の場合、宿泊名簿の作成、本人確認などを対面か、対面と同等の手段で管理業者が代行する必要がある。宿泊施設近くのコンビニ店舗をフロント業務の拠点とし、そうした負担を解消する狙い。

 10月までに50店舗への導入を予定し、2020年度までに1000店舗での展開を目指す。

photo
photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.