ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年04月18日 18時22分 公開

列車との接触、VRで再現 JR西が職員向け教育プログラム

JR西日本が、VR(仮想現実)技術を活用した教育プログラムを5月以降に導入する。

[ITmedia]

 JR西日本は4月18日、VR(仮想現実)技術を活用した教育プログラムを5月以降に導入すると発表した。ヘッドマウントディスプレイを装着し、鉄道現場で起きる事故の過程、きっかけをVR映像で疑似体感できる。同社とグループの社員約3万5000人が対象。

photo

 駅係員や乗務員、車両を扱う作業員などの職種別に、列車に接触する「触車」や高所からの「墜落」など、9つの労働災害をVR映像で再現した。例えば、車両が迫る中、置き忘れた工具を取りに行く作業員の映像など、「日常業務に潜む労働災害の原因となるワナを題材にした」(同社)という。

 恐怖感よりも、トラブルに至るプロセスの体感を重視し、CGではなく実写を使い、没入感を高めたという。ソフトバンクが協力し、JR西日本社員研修センター(大阪府吹田市)で導入した。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.