ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年04月19日 11時06分 公開

「Microsoft翻訳」アプリ、ニューラル機械翻訳がオフラインでも可能に

Microsoftの機械翻訳アプリ「Microsoft翻訳」のiOS、Amdoid、Amazon Fire向けアプリで、オフラインでもニューラル機械翻訳機能が利用できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは4月18日(現地時間)、iOS、Android、Amazon Fire向け「Microsoft翻訳」アプリで、オフラインでもニューラル機械翻訳(NMT)機能が利用できるようになったと発表した。日本語もサポートする。

 translate 1

 Microsoftは2016年11月にMicrosoft翻訳サービスにニューラルネットワーク技術を追加した。翻訳作業はネットワーク上の「Microsoft Azure」で行われる。2017年にAIサポートチップを搭載した一部のAndroid端末ではオフラインで利用できるようになり、このたびその他のスマートフォンでも可能になった。

 translate 2 オンラインであれば翻訳作業はMicrosoft Azureで行われる

 ユーザーは無料の“AIオフラインパック”をダウンロードすることで、ネットワークに接続できない環境でもモバイル端末でNMTでの翻訳を利用できる。オフラインパックがあるのはアラビア語、中国語(簡体字)、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語。

 Microsoftによると、NMTの言語パッケージは2016年にリリースしたニューラル採用ではない言語パッケージより50%小さく、23%性能が高いという。

 Android開発者は、自分のアプリにMicrosoft翻訳のオフライン機能を統合できる(プレビュー段階)。詳細はGitHubのページを参照されたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.