ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年04月23日 18時58分 公開

仮想通貨の登録交換業者16社、自主規制団体「日本仮想通貨交換業協会」設立

金融庁の登録を受けた仮想通貨交換業者16社が4月23日、新たな自主規制団体「日本仮想通貨交換業協会」の設立を正式発表した。

[ITmedia]

 金融庁の登録を受けた仮想通貨交換業者16社が4月23日、新たな自主規制団体「日本仮想通貨交換業協会」の設立を正式発表した。加盟団体に強制力を持つ「認定自主規制協会」の認定を目指す。「ようやく16社がまとまってスタートが切れた。急ぎ自主規制(の策定)を進め、市場の健全な発展と利用者の不安払しょく、信頼回復に務めたい」(マネーパートナーズの奥山泰全社長)

マネーパートナーズの奥山泰全社長=ニコニコ生放送より

 マネーパートナーズ、QUOINE、bitFlyer、ビットバンク、SBI バーチャル・カレンシーズ、GMOコイン、ビットトレード、BTCボックス、ビットポイントジャパン、DMM Bitcoin、ビットアルゴ取引所、エフ・ティ・ティ、BITOCEAN、フィスコ仮想通貨取引所、テックビューロ、Xtheta――の登録事業者16社が3月29日に設立した。コインチェックなど登録申請中の“みなし業者”は含まない。

 新団体の会長にはマネーパートナーズの奥山泰全社長、副会長にはbitFlyerの加納裕三社長とビットバンクの廣末紀之CEOが就いた。奥山社長は、自主規制ルールについて「原案は有識者を交えて作成中」とした他、自主規制協会の認定については「要件を満たすためには検査部門の整備が必要。コンセンサスを得ながらていねいに進めていきたい」と慎重な姿勢を見せた。

 「金融庁内では仮想通貨のワーキンググループも発足している。まずわれわれ登録事業者が何をするのか。消費者保護の観点で優先順位を決めていかなければならない」(奥山氏)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.