ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年04月26日 15時00分 公開

KADOKAWA、レストラン事業に参入 デンマーク「noma」とパートナーシップ

KADOKAWAがレストラン事業に参入する。デンマーク「noma」とパートナーを結び、都内に6月、「INUA」を開業する。

[ITmedia]

 KADOKAWAは4月26日、レストラン事業に参入すると発表した。100%子会社K'sLabを通じ、高級レストラン「INUA」(イヌア)を6月29日、東京・飯田橋に開業する。2020年の東京五輪を前に、「食」も「コンテンツ」のひとつととらえ、インバウンド事業の一環として参入を決めたという。

画像 INUA公式サイトより
画像 メニュー

 デンマーク・コペンハーゲンの著名なレストラン「noma」とパートナーシップを結び、nomaで活躍したトーマス・フレベル氏をヘッドシェフに起用した全60席のレストラン。コースメニューは2万9000円(別途消費税8%、サービス料10%を加算)。毎週火曜〜土曜の午後5時から営業する。

 nomaは「世界のベストレストラン 50」で世界1位に4回輝いたレストランで、「2015年、KADOKAWA会長の角川歴彦がnomaを訪れた際、コンテンツの創出で何よりもオリジナリティを貴ぶ当社の気風と、nomaとの理念の間に共感を覚えた」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.