ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年05月05日 07時21分 公開

「Googleアシスタント」対応スマートホーム製品が5000種以上に

Googleが、Android端末や「Google Home」に搭載されている「Googleアシスタント」で操作できるスマートホーム製品が、1月時点の1500種類から5000種以上に増えたと発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月3日(現地時間)、AI音声アシスタント「Googleアシスタント」で操作できるスマートホーム製品数が、今年の1月の1500種から5000種に増加したと発表した。「今や米国ではすべての主なデバイスメーカーの製品がGoogleアシスタントに対応している」という。

 GoogleアシスタントはAndroid端末やスマートスピーカー「Google Home」シリーズに搭載されている音声認識AIアシスタント。同社は1月、CES 2018でGoogleアシスタントのためのブースを開き、対応製品を披露していた。

 assistant 1 CESのGoogleブースはGoogleアシスタント一色だった

 今回の発表は、8日から開催の開発者会議「Google I/O」を前に進捗を紹介しておく意図のようだ。

 対応製品としてNestのセキュリティ製品群やIKEAのランプなどを紹介し、5月中に米衛星放送サービス大手のDISH NetworkのSTBが対応すると説明。「カメラ、食器洗い機、ドアベル、ドライヤー、ライト、プラグ、サーモスタット、セキュリティシステム、スイッチ、掃除機、洗濯機、扇風機、ロック、センサー、ヒーター、ACユニット、空気清浄機、まだまだ続けられる」。

 assistant 2 2月にはNestのホームカメラに対応した

 ちなみに、米Amazon.comの公式ページによると、AIアシスタント「Alexa」がサポートするスマートホーム製品数は、2000以上のブランドの1万2000種という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.