ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年05月07日 09時40分 公開

Android端末に「Rowhammer攻撃」、ChromeやFirefoxに脆弱性

DRAMの設計上の弱点を突く「Rowhammer攻撃」を仕掛け、Webブラウザのセキュリティ対策をかわせてしまう脆弱性が発見された。

[鈴木聖子,ITmedia]

 スマートフォンなどの小型デバイスに対し、DRAMの設計上の弱点を突く「Rowhammer攻撃」を仕掛けてWebブラウザのセキュリティ対策をかわすことができてしまう脆弱性が、オランダ・アムステルダム自由大学の研究チームによって発見された。

 米セキュリティ機関CERT/CCが2018年5月3日に公開した脆弱性情報によると、この問題はGoogle ChromeやMozilla Firefoxなどのブラウザが影響を受ける。

 CERT/CCによると、この攻撃手法は「GLitch」と命名され、CPUとGPUが同じメモリを共有している、スマートフォンなどの小型デバイスに対してのみ通用する。まず、本来はアクセスできない情報を読み取る「サイドチャネル攻撃」を仕掛けて物理メモリの配置を特定し、続いてRowhammer攻撃によって、メモリ内でビット反転を誘発させる。

 この手口が使われた場合、ユーザーが脆弱性のあるデバイスで不正なWebサイトを閲覧した際に、Webブラウザのセキュリティ対策をかわされてしまう恐れがある。

photo 米セキュリティ機関CERT/CCが公開した脆弱性情報によると、Google ChromeやMozilla Firefoxなどのブラウザが影響を受ける。危険度はCVSSのベーススコアで4.0となっている(出典:CERT/CC)

 研究チームはサイドチャネル攻撃とRowhammer攻撃を組み合わせることによって、Androidを搭載した「Nexus 5」で、Firefoxのサンドボックスをかわすことに成功したという。ただし、実証に使ったNexus 5は2013年に発売されたもので、セキュリティアップデートが適用されたのは2015年10月が最後だったとCERT/CCは指摘している。

 問題の発覚を受け、Google ChromeとMozilla Firefoxはそれぞれ更新版が公開され、今回の攻撃に利用されたWebGLの機能を無効にする措置を講じたという。一方、Microsoftのブラウザは影響を受けないとされる。

 危険度は共通指標CVSSのベーススコアで4.0(最高値は10.0)と評価されている。

 技術情報サイトのBleeping Computerによると、Rowhammer攻撃は、攻撃者がRAMメモリセルに対して連続で読み込みと書き込みの動作を繰り返すことによって、セルの内容を切り替えさせ、メモリに保存されている情報を改ざんする攻撃。ハードウェアの小型化に伴ってメモリセル同士の間隔が狭くなると、互いに干渉して「ビット反転」を引き起こす問題を突いている。

 この現象は2014年に指摘され、以降、さまざまな論文で取り上げられていたという。

関連キーワード

セキュリティ | 脆弱性 | Firefox | Google Chrome


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.