ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年05月09日 12時22分 公開

「初音ミク-Project DIVA-」開発のディンゴが破産

ゲームソフト「初音ミク −Project DIVA−」などを企画開発したディンゴが、東京地裁から破産開始決定を受けた。

[ITmedia]

 東京商工リサーチによると、ゲーム開発会社のディンゴ(東京都渋谷区)が4月25日、東京地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は約3億4000万円。

photo 2017年2月時点のディンゴ公式サイト。現在は非公開

 プレイステーション・ポータブル(PSP)向けのゲームソフト「初音ミク-Project DIVA-」や、スマートフォンゲーム「オカルトメイデン」を企画開発し実績を重ねたが、近年は同業との競争激化から受注不振に陥り、資金繰りが悪化。資金調達が限界に達し、破産手続きを弁護士に一任していたという。

 関連会社のクリエイティブネットワークスも同日、東京地裁から破産開始決定を受けた。ゲームソフトの企画開発などを手掛けていたが、ディンゴに連鎖した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.