ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年05月11日 15時45分 公開

家に取りに来てくれる出品代行サービス「トリクル」開始

手持ちの不要な品を取りに来てもらい、オークションサイトなどに出品してもらって売却代金を受け取るサービス「トリクル」が正式スタートした。

[ITmedia]

 手持ちの不要な品を取りに来てもらい、オークションサイトなどに出品してもらって売却代金を受け取るサービス「トリクル」の正式版を、ベンチャー企業のSpiceが5月11日にスタートした。商品1つから集荷依頼が可能で、売上金から手数料30%を引いた額が依頼者に入る。都内の一部地域限定。

画像
画像

 Webサイトで集荷を依頼すると、ユーザー宅をスタッフが訪問。不要なアイテムを引き取る。本や洋服、家電、化粧品など何点でもOK。梱包も不要だ。

 同社は、引き取った商品をオークションサイトなどに出品。販売額から手数料(販売額の30%)を引いた額を、売上金としてユーザーに渡す。

 「手持ちの品を売りたいが、出品は面倒」というユーザーがいることに気づき、テストリリースを経て正式サービス化した。正式サービス開始時点での対象エリアは渋谷区・港区・目黒区・品川区・世田谷区・新宿区。順次拡大しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.