ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2018年05月15日 06時00分 公開

ITりてらしぃのすゝめ:格安SIMユーザーの苦悩 通信速度より優先すべきは「通信の秘密」 (2/2)

[宮田健,ITmedia]
前のページへ 1|2       

本当は重要な「通信の秘密」の確保

 まさにその「通信の秘密」が、通信事業者だけでなく一般の目にもとまるようになりました。「漫画村問題」そして「通信の最適化問題」です。

 漫画村問題は前回のコラムでも取り上げたように、悪意あるWebサイトに対し、通信事業者が主体となり「ブロッキングする」ということが話題になりました。これは、上記の通り通信の秘密を真っ向から破ることになるため、それを理解するエンジニアなどから反対の声が上がっています。

 そしてその後、「通信の最適化問題」が噴出しました。ケイ・オプティコムが提供するMVNOサービス「mineo」が、まさに上記のピーク時間帯の山を下げるため、画像や動画の「最適化」を、利用者には通知せずに行っていたという問題です。最適化とはいうものの、これは通信の改ざんともいえる行為です。

まいねお ケイ・オプティコムのWebサイトより

 これを実際に行うためには、「電気通信事業者の取扱中に係る通信の秘密」を侵し、内容を見てから処理を行う必要があるからです。mineoはその後、これを利用者に黙って実施したことを謝罪、しかし現在も「最適化」は行っているようです。個人的には「トラフィック制御」と称し、SSL通信に対する帯域制限が行われている可能性を懸念していますが……。

 これはmineoだけの問題ではなく、MVNOがもつピーク特性をどう処理するかという問題で、他のMVNOも同様の処理を行うかもしれません。MVNOを利用する方々は、このポイントは今後も注視していくべきでしょう。

各社は誠実に、自社の方針をあきらかにしてほしい

 これを突き詰めていくと、最近いくつかのMVNOが行っている「音楽やSNSは通信量を消費しない」というサービス自体も、通信の秘密に引っ掛かってしまうのではないかと考えられます。

LINE LINEモバイルなどが、SNSの通信量が無料になる「カウントフリー」を提供している(LINEモバイルより)

 実際、MVNOの中にはそれを懸念し、このようなサービスは提供しない(できない)とコメントしている事業者もあるくらいです。今回の「漫画村問題」「通信の最適化問題」への対応やコメントを見ると、その通信事業者が憲法、法律に対してどの程度真摯(しんし)であるのかを示すリトマス試験紙になっているような気がします。

 私自身、昼の混雑を体感して、三大キャリアに戻ろうかと思っていたところでしたが、漫画村などへのブロッキングに関するコメントを見て、移動できる事業者が絞られてしまいました。さらにいうと、やはり話題になっている「4年縛り」の問題などがあり、携帯電話会社を選ぶことが以前よりも困難になってしまった感があります。

 携帯電話は日本国民にとって、もはやなくてはならないライフラインです。単に安いからというだけで選択すると、高い違約金を支払わないと他に逃げられない――こんな現状はとても問題だと、個人的には思っています。

 とはいえ、料金が高くても品質が良く、不可思議な縛りもなく、料金プランがシンプルで、利用者に誠実なキャリアが存在しないのも問題です。

 結局、私は今自分が選択している、情報公開がしっかりなされているMVNOから離れることはできなさそうです。できれば、皆さんは私と連絡が付かなかったとしても「昼はネットが混んでるから仕方がないね」と思っていただければ……(笑)。

参考リンク

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.