ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年05月24日 17時15分 公開

忘れ物タグ「MAMORIO」にシール型登場 スマホやノートに貼れる

スマートフォンのアプリと組み合わせて使う忘れ物タグ「MAMORIO」にシール型の「FUDA」が登場。ノートやスマートフォンなど、従来のMAMORIOが利用しにくかったアイテムにも簡単に装着できる。

[ITmedia]

 スマートフォンと組み合わせて使う忘れ物タグ「MAMORIO」にシール型の「MAMORIO FUDA(フューダ)」が登場した。ノートやスマートフォンなど、従来のMAMORIOが利用しにくかったアイテムにも簡単に装着できる。6月1日に発売予定で、価格は2980円(税込)。

画像 MAMORIO FUDAブラックの使用例
画像 MAMORIO FUDAホワイトの使用例
画像

 MAMORIOは、Bluetooth(Bluetooth Low Energy)でスマホと連携して使う忘れ物タグ。本体とスマートフォンが離れた際に「紛失アラート」を出し、置き忘れた場所を時間をスマホに知らせる。手元から離れたMAMORIOとほかのユーザーがすれ違った際、持ち主にその場所を知らせる機能、駅などに設置されている「MAMORIO Spot」に届くと知らせる機能を備えている。

 従来のMAMORIOはタグ型だったため、なくしたくない品にリングで装着したり、ポケットに入れるなどする必要があった。新製品はシール型のため、ノートやスマートフォン、ゲーム機など、タグ型が利用しにくかったアイテムにも簡単に装着できる。機能は従来のMAMORIOと同等。色はブラックとホワイトを用意した。

 サイズは24(高さ)×36.2(幅)×3.4(厚さ)ミリ、重さは3.4グラム、有効距離は約60メートル。内蔵リチウム電池で約1年間利用できる(有償電池交換プログラムあり)。Amazon.co.jpなどECサイトや、ヨドバシカメラ、ビックカメラといった家電量販店などで販売する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.