ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年05月25日 13時32分 公開

明治150年の記念貨幣、財務省が発行 明治初期の鉄道駅をデザイン

財務省が明治元年から満150年を記念した貨幣を発行する。明治初期の鉄道駅の様子や、当時の20円金貨幣の表面文様をデザインした。

[ITmedia]

 財務省は5月25日、明治元年から満150年を記念した貨幣を発行すると発表した。表には明治初期の鉄道駅の様子と明治150年のロゴマークを、裏には明治初期の20円金貨幣の表面文様をデザインしている。

photo 明治150年記念貨幣の発行要領(報道発表より)

 額面価格は1000円、販売価格は9000円。銀製で直径は40ミリ、重さは31.1グラム。5万枚を発行する。8月3日から3週間ほど申し込みを受け付け、10月上旬から発送予定だ。

 記念貨幣の発行は、政府が明治以降の歩みを次世代に遺すことなどを目指して実施している「明治150年」の取り組みの1つ。表面の鉄道駅は、歌川広重(3代目)の錦絵「東京汐留鉄道舘蒸汽車待合之図」をもとに図案化した。

photo 記念貨幣の図柄の詳細
photo

 申し込み方法の詳細は、8月2日午後5時に造幣局のWebサイトで発表する。販売方法は造幣局の通信販売のみで、金融機関などの窓口での引き換えは行わないとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.