ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年05月28日 11時51分 公開

バンダイナムコ、VR旗艦店を大阪にも 今秋オープン

バンダイナムコアミューズメントが、VRエンターテインメント施設を2018年秋、大阪・梅田にオープン。東京・新宿の店舗に次ぐ、関西の旗艦店に位置付ける。

[ITmedia]

 バンダイナムコアミューズメントは5月28日、VR(仮想現実)技術を活用したエンターテインメント施設の「VR ZONE OSAKA」(大阪・梅田)を、2018年秋にオープンすると発表した。東京・新宿の店舗に対し、関西の旗艦店に位置付ける。メインターゲットの20代に加え、家族客や訪日客の利用を見込む。

photo

 17年7月に新宿で開業した「VR ZONE SHINJUKU」に続き、梅田の複合商業施設「HEP FIVE」8〜9階に店舗をオープンする。既にSHINJUKUで提供しているアトラクションの他、施設内のスペースを自由に動きながらVR体験ができる「フィールドVRアクティビティー」も導入する。

 アトラクション内容やチケット料金の詳細は、7月中旬に発表する。

photo VRアトラクションのイメージ
photo

 同社は、VR施設の出店に積極的だ。新宿の店舗は訪日客の割合も高く、累計来場者は50万人を突破(5月28日時点)。同施設は19年3月末まで運営し、100万人の動員を目指す。小型の施設「VR ZONE Portal」も、兵庫県神戸市などに20店舗以上を展開している

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.