ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年05月30日 17時17分 公開

売りたいものを専用ロッカーに入れるだけ ビックカメラの買取受付サービス「ラクウルポスト」

ビックカメラ有楽町店は、専用ロッカーに買い取ってほしい製品と申込用紙を入れるだけで買い取りの受け付けや査定をしてもらえるサービス「ラクウルポスト」を5月31日に開始する。

[ITmedia]

 ビックカメラは5月30日、専用ロッカーに買い取ってほしい製品と申込用紙を入れるだけで、買い取りの受け付けや査定を行ってくれるサービス「ラクウルポスト」を発表した。5月31日からビックカメラ有楽町店で提供する。

photo 「ラクウルポスト」のイメージ

 ロッカーにある申込用紙に必要事項を記入し、付属のタッチパネルを操作してロッカーを指定。買い取ってほしい製品と申込用紙を一緒に入れたら査定終了時刻を確認し、その時刻以降に再来店するだけ。基本的に即日査定結果が確認でき、承諾すると買取金額の受け取りが可能になる。

 買い取りの受け付けは無人のため「隙間時間を活用して買い取りが利用しやすくなる。対面での買い取りに不安を持っている人にも気軽に利用してもらえる」(同社)という。ただし、査定結果の確認から買取金額の受け取りまでは対面で行われ、本人確認書類の提示も必要となる。

 買取対象は、PCやタブレット、デジタルカメラなどのデジタル製品、シンセサイザーなどのMIDI関連機器、ゲーム機やゲームソフト、フィギュアやプラモデルなどのホビー製品など。修理が必要なものや改造・分解した製品、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジなどの家電などは対象外となる。

photo 買取対象外の製品

 まずはビックカメラ有楽町店の5階(サービス・サポートカウンター)に導入し、今後他店舗への展開も検討する。ラクウルポストの受け付け時間は午前10時〜午後10時まで。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.