ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年06月04日 10時46分 公開

SBI、仮想通貨取引サービス開始 「万全の体制で」

SBIホールディングスの子会社SBIバーチャル・カレンシーズが、仮想通貨の取引サービス「VCTRADE」を始めた。

[ITmedia]

 SBIホールディングスは6月4日、子会社のSBIバーチャル・カレンシーズが仮想通貨の取引サービス「VCTRADE」を始めたと発表した。セコムのグループ会社とウォレット(仮想通貨口座)の管理で提携し、「万全の体制でサービス提供に努める」としている。

photo SBIバーチャル・カレンシーズの公式サイトより

 仮想通貨のリップル(XRP)を取り扱い、順次ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)の取引も始める計画。グループ会社のSBIジャパンネクスト証券で運用実績がある、米NASDAQの取引システムを利用した「世界最高水準の低遅延な取引環境を提供する」という。スプレッド(買値と売値の差額)は「業界最低準」をうたう。

photo

 まず、先行して口座開設を申し込んでいた2万人超を対象にサービスを始める。一般の口座開設の申し込みは、18年7月から受け付ける予定。

 SBIバーチャル・カレンシーズは、17年9月に金融庁から仮想通貨交換業者の登録を受けた。しかし18年2月、セキュリティ対策や顧客管理態勢の強化に「一定の時間を要する」として開始時期を延期していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.