ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年06月04日 19時30分 公開

電子書籍のマンガ、AIで「モアレ」少ない自然な画像に 共同印刷

共同印刷がAI(人工知能)を活用して電子書籍の漫画画像を処理する「eComicScreen+」(イーコミックスクリーンプラス)を開発。スクリーントーンなどによって生じる「モアレ」を細部まで抑制し、より自然な画像に仕上げるという。

[ITmedia]

 共同印刷は6月4日、AI(人工知能)を活用して電子書籍の漫画画像を処理する「eComicScreen+」(イーコミックスクリーンプラス)を開発したと発表した。スクリーントーンなどによって生じる「モアレ」という縞模様やまだら模様を細部まで抑制し、細い線でも鮮明に、より自然な画像に仕上がるという。

photo 左が従来処理、中央がAI導入前の技術での処理、右が「eComicScreen+」での処理

 電子書籍の漫画は、印刷用のデータをデジタル向けに縮小して作る。これまでは天地1200ピクセル程度の小さな画像にすることが多く、縮小時にスクリーントーンの網点(濃淡を表現する小さな点)がつぶれ、モアレが軽減されていた。しかしデジタルデバイスの高画質化に伴い、画像が1600ピクセル以上になるケースが増え、従来の画像処理では網点が残り、モアレが目立つようになっていた。

 そこで共同印刷は2016年、印刷用のデータを電子書籍向けに変換する際、画像を解析してスクリーントーン領域を抽出し、モアレの軽減処理を施す「eComicScreen」を開発。今回さらにAIを導入し、画像処理の技術者が培ってきたノウハウを学習させることで抽出の精度を向上させたという。

 前バージョンのeComicScreenは、スクリーントーンの認識に漏れやムラがある、細い線とスクリーントーンが重なっている部分だと線がぼける――といった課題があったが、新技術はこれらを解消。処理速度なども向上したとしている。

 共同印刷は今後、出版社などに新技術を提案し、漫画関連の受注拡大に努める。2021年度に10億円の売り上げを目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.