ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年06月07日 18時54分 公開

シャープ、視聴傾向をAIが分析する「AQUOS 4K」に新モデル

シャープが発表した「AQUOS 4K」の新モデル3機種は、AI技術を活用し、おすすめの番組を音声で知らせるクラウドサービス「COCORO VISION」に対応する。

[ITmedia]

 シャープは6月7日、4K対応テレビ「AQUOS 4K」の新モデル3機種を発表した。AI(人工知能)技術を活用し、分析した視聴傾向に基づき、おすすめの番組を音声で知らせるクラウドサービス「COCORO VISION」に対応する。43V型を6月30日、50V型と60V型を8月31日に発売する。実売予想価格は、順に15万5000円、18万円、26万円前後(いずれも税別)。

photo 上は60V型、左下が50V型、右下が43V型

 クラウド上のAIが、利用者家族がよく見るテレビ番組や、視聴する時間帯、番組の予約状況などを分析・学習し、おすすめの番組を紹介する。本体前面に人感センサーを搭載しており、人の気配を感じると電源を自動的に起動、その日の天気や番組の情報を知らせる。連携するスマートフォンアプリでは、気になる番組の開始時刻や関連番組を通知する他、テレビのチャンネル選局も行える。

 「Android TV」のAndroid 8.0を搭載。今後、Googleアシスタントに対応し、リモコンのマイクを使った音声での番組検索、天気の確認に加え、Googleアシスタントからの操作に対応したシャープの家電製品、他社の機器とも連携する。

 また、別売の「4Kチューナー」(11月下旬発売予定)を接続すると、12月1日に始まる新4K衛星放送を4K画質のまま視聴できる。テレビと周辺機器の連携が可能な「ファミリンク」機能を使えば、テレビのリモコンだけでチャンネル選局が行える。

photo 別売の「4Kチューナー」(11月下旬発売予定)

 新4K衛星放送で採用されるHDR規格「HLG」(Hybrid Log-Gamma)方式に対応した新開発エンジン「AQUOS 4K Smart Engine PRO」を搭載。解像度や映像レベルを判別し、高精細な処理を行えるといい、「地上波から新4K衛星放送まで臨場感豊かな映像を楽しめる」(同社)としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.