ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年06月08日 12時35分 公開

楽天、位置情報技術のベンチャー「Curbside」を買収

楽天が、米国のベンチャー企業Curbsideを買収した。Curbsideは、飲食店などが、顧客の位置情報から予測した到着時間に合わせ、商品を準備できるサービスを開発している。

[ITmedia]

 楽天は6月8日、米国のベンチャー企業Curbside(カーブサイド)を買収したと発表した。Curbsideは、飲食店などが、顧客の位置情報から予測した到着時間に合わせ、商品を準備できるサービスを開発している。買収額は非公開。子会社Rakuten USAを通じて買収した。

photo Curbsideが提供しているスマートフォンアプリ=Google Playより

 Curbsideは、導入店舗の顧客が、スマートフォンアプリを通じて商品を注文できるサービスを展開している。店舗側は、顧客の位置情報から来店するタイミングを予測して商品を用意でき、顧客の待ち時間を減らせる。Pizza Hut、Boston Marketなどが導入し、数百万人が利用しているという。

 Rakuten USAの飯田恭久氏(プレジデント)は「Curbsideを楽天グループに迎え入れることで、顧客の満足度をさらに高めていける」としている。Curbsideのジャロン・ウォルドマンCEOは「楽天グループに参加することでさらなる技術革新が可能になる」と説明している。

photo 楽天のニュースリリースより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.