ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年06月11日 14時17分 公開

日本IBM、開発者向け情報ポータルサイト「IBM Code Patterns」開設 アプリ開発のコードサンプルなど70種を公開

日本IBMが開発者向けの情報ポータルサイト「IBM Code Patterns」を開設。AI(人工知能)やクラウドなどのアプリケーション開発に役立つアイデアやコードのサンプル(Code Patterns)70種類を日本語で公開している。

[ITmedia]

 日本IBMは6月11日、開発者向けの情報ポータルサイト「IBM Code Patterns」を開設した。AI(人工知能)やクラウドなどのアプリケーション開発に役立つアイデアやコードのサンプル(Code Patterns)70種類を日本語でまとめたもので、例えば「ブロックチェーンを使ってTo-Doリスト・アプリを作成する」「機械学習アルゴリズムのトレーニングを加速化する」などのパターンが公開されている。

photo IBM Code Patterns
photo 公開されているパターンの例

 それぞれのCode Patternsには短い概要説明と全体を俯瞰(ふかん)するフロー図などが記載されている他、「コードを入手する」からはGitHub上にApache License 2.0で公開されているソースコードを確認できる。中にはデモ環境を提供しているパターンや、アプリの実装方法を解説する動画のリンクを掲載しているパターンもある。

 それぞれのパターンには「IoT」や「Cloud」「Blockchain」などのタグが付いており、関心のある技術テーマなどからパターンを絞り込むこともできるという。なお英語版では6月6日時点で133種類のパターンを提供している。

 日本IBMは「開発者がAIやブロックチェーンなどの新しい技術を使ってアプリを開発する際、APIとして公開されているテクノロジーの活用方法を習得する必要があるが、こうした技術は日々更新されているため、過去に習得した技術が使えなくなることもあり、開発者の負担も大きくなっている」として同サイトを公開。今後も開発者への支援を進めていく考えだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.