ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年06月19日 11時00分 公開

iOS 12では911発信位置が自動共有される

米国でiOS 12がインストールされたiPhoneから911発信すると、現在地情報が自動共有される。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 米国でiOS 12がインストールされたiPhoneから「911」に電話すると、現在地情報を911センターと共有可能になるとAppleが発表した

photo

 Appleは、2015年に携帯基地局、GPS、Wi-Fiアクセスポイントを使用して、911発信者の現在地を測定する「HELO」(Hybridized Emergency Location)を導入しているそうで、iOS 12からは、この機能に加え、位置情報が緊急当局に送信される「RapidSOS」のIPベースのデータパイプラインを併用し、安全に素早くHELO位置情報を911センターと共有できるようになるという。

photo RapidSOS

 このRapidSOSの技術は、iPhoneアプリ「RapidSOS Beacon」としても提供されていて、Googleも2018年中に導入するべく2018年2月に実証実験を行っている。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.