ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年06月19日 14時13分 公開

「iPhone 2018年モデル」をモックアップで検証 (1/4)

今年発売される予定とされているiPhoneの3Dモデルデータが出回っている。その3Dプリントを入手して検証してみた。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 以前、Wylsa.comに、iPhone 6.1インチモデルと、iPhone X の6.5-6.6インチモデルの3Dデータが掲載されていると伝えたが、その週にファイナルデザインのCADデータが出回ったようだ。それを3Dプリントしてサンプル提供するAlibabaのサプライヤーを見つけ、3Dプリントモックを比べてみた。

photo iPhone 2018 3Dプリントモックアップ

 iPhone XとiPhone 5.8 OLEDモックアップを比べてみた。

photo iPhone X/iPhone 5.8 OLED モックアップ

 iPhone 5.8 OLEDモックアップのサイズは、高さ143.65mm、幅72.03mm、厚さ7.69mmと推測され、iPhone Xと比べて約1.1mm幅が増している可能性がある。

 この幅の差は、左右に張り出すボタンサイズと考えた場合、iPhone Xとサイズは同じだと考えられる。

 iPhone XとiPhone 5.8 OLEDモックアップの底面部分を比べてみた。

photo iPhone X/iPhone 5.8 OLED モックアップ

 Lightningコネクタ、内蔵マイク、内蔵ステレオスピーカー用の穴の位置はiPhone Xと同じ仕様だと分かる。

 iPhone XとiPhone 5.8 OLEDモックアップの左側面を比べてみた。

photo iPhone X/iPhone 5.8 OLED モックアップ

 サウンドオン/オフスイッチ、音量を上げるボタン、音量を下げるボタンなどの大きさや位置はiPhone Xと同じ仕様であることが分かる。

 iPhone 5.8 OLEDモックアップにiPhone X用ケースを装着してみた。

photo iPhone 5.8 OLEDモックアップ

 背面のiSight Duoカメラは、iPhone Xと比べて少しズレているようだが、iSight Duoカメラ用の穴に余裕がある場合、iPhone X用ケースは使用可能なようだ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.