ITmedia NEWS >
連載
» 2018年06月20日 11時04分 公開

Oculus Go! Go! Go!:Oculus Go、ようやくストレージ残量が分かるように

最初からついているべき機能ではあるが、Oculus Goのローカルストレージにどれだけ空きがあるのかが分かるようになった。

[松尾公也,ITmedia]

 Oculus Goのファームウェアがアップデートされ、内蔵ストレージの残量が分かるようになった。

 Oculus Goにはストレージの容量によって32GB(2万3800円)と64GB(2万9800円)の2つのモデルがあるが、どちらもそのストレージ残量が分からなかった。

 特に告知なしに行われているアップデートにより、Oculus Goの設定>デバイスにStorage表示が追加され、ストレージの残量が分かるようになっている。全体のメモリ容量の中で未使用分が緑でバー表示されている。

photo ストレージ残量が分かるように
photo Oculus Goのバージョン表示

 本来ならば最初からついているべき機能ではあるが、これでダウンロードコンテンツの容量を意識しながらコントロールすることが可能になる。

 この他にもお知らせやウィッシュリスト機能の変更など、細かい改善が行われているようだ。日本語入力についてはまだ実装されていない。

 ファームウェアアップデートは一斉に行われているわけではなく、6月19日からネットで報告されるようになった。筆者の場合は今朝再起動してみてアップデートされていることが分かった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.