ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年06月20日 20時16分 公開

飲食店のシフト、AIが自動作成 補充候補もAIがリコメンド

セコムなど3社がAI(人工知能)を使って勤務シフトを自動で作成するサービス「セコムかんたんシフトスケジュール」を開発。飲食店や小売業で課題になっているシフトの作成や調整の負担を軽減する狙い。

[ITmedia]

 セコムはこのほどAI(人工知能)を使って勤務シフトを自動作成するサービス「セコムかんたんシフトスケジュール」を開発し、9月から販売を開始すると発表した。AIを活用することで、飲食業や小売業の課題である勤務シフト作成の手間や、シフト調整の心理的負担などを軽減するという。

photo プレスリリースより

 セコムかんたんシフトスケジュールでは、まずスタッフがPCやスマートフォンなどから登録した希望をもとにAIが勤務シフトを自動で作成。欠員のある時間帯や店舗などは一覧表示でPCやスマートフォンから確認でき、スタッフが欠員の募集に応募できる他、スタッフの勤務状況や欠員への応援実績などをもとにAIが補充候補を管理者におすすめする「AIリコメンド機能」も備える。

photo セコムかんたんシフトスケジュール

 セコムグループでIT事業などを担うセコムトラストシステムズ、飲食店チェーンを運営する吉野家、AIベンチャーのエクサウィザーズ(東京都港区)が共同開発した。勤務シフトの自動作成には、セコムが持つ警備員や看護師向け勤務シフトを自動作成するAIを活用。これに吉野屋の店舗運営ノウハウを取り入れることで、飲食業などの繁忙期に応じたシフトや短時間シフトなどにも対応したという。

 一方、AIリコメンド機能にはエクサウィザーズのAI技術を活用。行動心理学者の正木郁太郎氏(東京大学 大学総合教育研究センター特任研究員)が監修したアンケートを吉野屋で事前に実施し、アンケートから分かったスタッフの性格や志向と、勤務状況や欠員への応援実績などをAIが学習してリコメンドする。

 セコムはこのサービスを提供することで飲食店や小売業店舗の業務運営を支援し、働き方改革や生産性向上に貢献するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.