ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年06月27日 13時58分 公開

ゆうパック、不在時は玄関先に「置き配」可能に 来春ごろから

「ゆうパック」で、受取人不在時に、自宅の玄関先や車庫などあらかじめ指定した場所に荷物を置いておくサービスが来春ごろから始まる。

[ITmedia]

 日本郵便は、宅配便「ゆうパック」で、受取人が不在時に、自宅の玄関先や車庫など、受取人があらかじめ指定した場所に荷物を置いておく「指定場所配達サービス」を、来春ごろをめどに始める。

 置き配は、荷物が盗難にあうリスクもあるため、当面の間は、同意を得た特定の事業者から配送する荷物に限って対応する。受取人の申し込み方法など詳細は今後詰める。

 また、今年9月1日からは、初回・再配達の際の受取場所に、コンビニや宅配ロッカー「はこぽす」を選べるようにするほか、配達希望時間帯に新たに「午後7時〜午後9時」を新設する。

画像

 来春ごろからは、指定場所配達サービスを始めるほか、配達予定をメールなどに通知し、受け取り日時や場所を変更できるサービスも開始する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.