ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年06月27日 20時02分 公開

自動運転で無人走行するロボットトラクター、ヤンマーが10月に発売

ヤンマーが自動運転技術を搭載したロボットトラクターを10月から販売する。農業機械の自動運転における「レベル2」に相当するもので、農作業の効率化、省力化を狙う。

[ITmedia]

 ヤンマーは6月27日、自動運転技術を搭載した無人運転ロボットトラクターをグループ会社のヤンマーアグリで10月1日から順次販売すると発表した。就農者の減少や高齢化に伴う人手不足などが問題視される中、農業機械を自動化することで作業を効率化、省力化を目指す。価格は1214万5000円(税別)から。

photo ロボットトラクター(YT5113A)

 農業機械の自動運転については農林水産省が「農業機械の安全確保の自動化レベル」で定義しており、ロボットトラクターはこのレベル2(使用者の監視下での無人状態での自律走行)に相当するという。(関連記事

 自動運転モードは作業人数や内容に合わせ、直進のみの「直進モード」と、ハンドル操作も自動で行う「オートモード」の2つを用意。設定はタブレットで行い、2台のトラクターで作業を行う場合には随伴または併走する有人トラクターがロボットトラクターを監視しながら操作する。安全確保のためのセンサーやセーフティーランプ、自動運転中にエンジンが停止した時に自動でブレーキをかけるセーフティーブレーキなども備えた。

photo 2つの自動運転モード
photo タブレット操作のイメージ
photo 2台のトラクターでの協調作業
photo センサーと3色のセーフティーランプ

 ロボットトラクターは、ヤンマーが販売しているトラクター(YTシリーズ)に自動運転技術などを搭載することで実現。すでにYTシリーズを所有している人には有償でロボットトラクターへアップグレードも行う。今後同社は、自動運転トラクターのラインアップを強化する考えだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.