ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年06月29日 15時13分 公開

ネットスーパー「ローソンフレッシュ」終了 利用伸び悩み・物流費の高騰で

ローソンのネットスーパー「ローソンフレッシュ」が8月で終了。ユーザー数が伸び悩んでいることに加え、物流コストの高騰で負担が増加したため。

[ITmedia]

 ローソンは6月28日、ネットスーパー「ローソンフレッシュ」のサービスを8月31日に終了すると発表した。ユーザー数が伸び悩んでいることに加え、物流コストの高騰で負担が増加していたため。

画像

 2014年に開始したサービス。生鮮品や加工食品など約8000点を通販で購入できる。サービス終了後の代替サービスとして、「Oisix」(運営:オイシックスドット大地)とライフネットスーパー(運営:ライフコーポレーション)を案内している。

 ローソンは今年3月、スマートフォンであらかじめ注文した生鮮品をローソン店舗で受け取れる「ローソンフレッシュピック」を開始。既存のコンビニエンスストア店舗網と物流網を活用し、スマートフォンアプリで注文された品を店舗に配送して提供している。現在、首都圏220店舗で展開しており、今年度中に首都圏約2000店舗に拡大する計画だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.