ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年07月02日 18時03分 公開

JASRAC、美容室など全国166店舗に法的措置

施設内でBGMを利用していながら音楽著作権の手続きが済んでいない全国166店舗に対して、JASRACが民事調停を申し立てた。

[ITmedia]

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は7月2日、施設内でBGMを利用していながら著作権の手続きをしていないとして、全国の美容室や飲食店など151事業者・166店舗に対し、民事調停を申し立てたと発表した。高知県、鹿児島県の店舗が対象になったのは初という。

音楽 JASRACサイトより

 内訳は、美容室が66事業者・73店舗、飲食店が71事業者・75店舗、その他の業態が14事業者・18店舗だった。

 JASRACは2015年以降、無許諾でBGMを利用する施設への全国一斉法的措置を実施している。15年には171事業者・258施設、16年には187事業者・212店舗、17年には178事業者・352店舗に対して法的措置を行っている。

音楽 「手続きが必要なBGM利用者」JASRACサイトより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.