ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年07月03日 08時12分 公開

Facebookとメッセンジャーのバグで80万人がブロックした相手が非ブロック状態に(修正済み)

Facebookがまたプライバシー設定のバグについて発表した。影響があったのは約80万人で、既に修正済みだが、ブロックした相手が一時的に非ブロック状態になっていた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは7月2日(現地時間)、80万人以上のユーザーに影響したバグを修正したと発表した。このバグの影響で、ブロックした相手が5月29日〜6月5日の間、アンブロック状態になっていたという。影響を受けた可能性のあるユーザーには同日から告知を送っている。

 block 1 被害者への告知

 ブロックとは、相手が自分をタグ付けしたり、自分の投稿を見たりできなくなるようにすること。友達になっている場合は友達リストからも削除される。

 block 2 ブロックとは

 バグにより、ブロックした相手に例えば友達の友達と共有した画像など、「より広い範囲で共有したコンテンツ」が表示されてしまっていたという。また、ブロックした相手がメッセンジャーで接触できるようになっていた。

 同社は6月にもバグのせいで1400万人が意図せず投稿を「全員に公開」にしてしまっていたと発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.