ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年07月25日 17時43分 公開

指をかざすだけ 生体認証とブロックチェーンでクーポン決済、日立とKDDIが店舗で実験

KDDIと日立製作所は、ブロックチェーンと生体ID認証を組み合わせたクーポン決済システムの実証実験を行う。指をかざすだけで本人認証でき、手ぶらでクーポンを利用できるシステムを実験。課題の洗い出しや利便性の検証を行う。

[ITmedia]

 KDDIと日立製作所は7月25日、ブロックチェーンと生体ID認証を組み合わせたクーポン決済システムの実証実験を、同日と26日の2日間にわたって行うと発表した。指をかざすだけで本人認証でき、手ぶらでクーポンを利用できるシステムを、KDDIと日立の一部社員が、KDDI直営店「au SHINJUKU」(東京都新宿区)と、「ミスタードーナツ高田馬場戸山口ショップ」(同)の2店舗で利用し、課題の洗い出しや利便性の検証を行う。

【訂正:2018年7月25日午後8時 記事初出時、実験の実施期間を「同日から1年間」としていましたが、正しくは「同日と26日の2日間」でした。おわびして訂正いたします】

画像

 ブロックチェーンは、複数企業で情報を安全に共有する点で適しているとされるが、第三者機関の仲介なしで取り引きできるため、本人認証時のIDやパスワードの管理で課題があるという。

 今回の実験では、日立が開発した、生体情報から電子署名を生成できる技術「PBI」を、代表的なブロックチェーン基盤「Hyperledger Fabric」上で利用する連携技術を活用し、クーポン決済システムを構築した。

 PBIは、指静脈などを復号困難なデータに変換した公開鍵を用いて認証でき、生体情報自体を保存する必要がない。生体情報自体を秘密鍵として電子署名を自動生成でき、従来のブロックチェーンのような秘密鍵の管理も不要。指をかざすだけでセキュアに認証・決済できるとしている。

 また、ブロックチェーンに記録されたクーポン利用情報は改ざんが困難なため、KDDIと提携店舗間で信頼性を担保したクーポン利用履歴の共有ができ、クーポン利用者数に応じた支払いが高精度に行えるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.