ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2018年07月26日 11時37分 公開

リュウグウの“アップ写真”公開 岩だらけ、クレーターも 高度6キロから撮影

探査機「はやぶさ2」が、小惑星「リュウグウ」高度約6キロからとらえた画像をJAXAが公開。ごつごつした岩に覆われたリュウグウの姿を確認できる。

[ITmedia]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7月25日、探査機「はやぶさ2」が、小惑星「リュウグウ」(Ryugu)を、高度約6キロからとらえた画像を公開した。これまで、高度約20キロから撮影した画像を公開していたが、新たな画像はリュウグウをよりアップでとらえており、ごつごつした岩に覆われたリュウグウの姿を確認できる。

画像 高度約6キロから撮影したリュウグウ。7月20日午後4時ごろ(日本時間)、「ONC-T」で撮影。(C)JAXA,東京大,高知大,立教大,名古屋大,千葉工大,明治大,会津大,産総研

 はやぶさ2は6月27日にリュウグウ到着し、約20キロ上空に滞在して観測を続けていた。7月16日の週には高度を下げる運用を行い、上空6キロを切る位置に到達。その際、望遠の光学航法カメラ「ONC-T」を使ってリュウグウの画像を撮影した。

 公開された画像は、1画素が約60センチに相当。中央付近にリュウグウ表面で最大のクレーターが写っている。また、リュウグウの表面が多数の岩塊(ボルダー)に覆われていることも分かり、「この写真は、着陸地点を選ぶ上でも重要な情報になる」という。

 はやぶさ2はこの観察の後、21日に上昇を始め、25日には約20キロ上空まで戻っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.