ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年07月27日 17時49分 公開

「スプラトゥーン2」使ったeスポーツ大会、NPBが開催 賞金はなし

NPBが2019年春にNintendo Switch用ゲームソフト「スプラトゥーン2」を使った12球団対抗のeスポーツ大会を開催すると発表した。NPBと各球団の選考で決定したeスポーツチームによる12球団対抗イベントで、参加者には一律で活動手当を支給し、賞金は設定しない。

[ITmedia]

 日本野球機構(NPB)は7月27日、Nintendo Switch用ゲームソフト「スプラトゥーン2」を使ったeスポーツ大会「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」を2019年春に東京都内で開催すると発表した。各球団が選考で決定したeスポーツチームによる12球団対抗イベント。大会参加者には一律で活動手当を支給し、大会成績に応じた賞金は設定しない。大会の詳細については決定し次第、公式サイトで知らせるとしている。

photo 「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」
photo 開催概要

 NPBは大会開催に向け、ドワンゴが主催するイベント「第4回 スプラトゥーン甲子園」を後援。同イベントの出場者から、チーム単位でeスポーツ大会の参加希望者を募集する。応募チームの選考はNPBと各球団が行うとしている。

 NPBは19日にコナミデジタルエンタテインメントとeスポーツリーグ「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」の開催をコナミデジタルエンタテインメントと発表しているが、NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2を皮切りに、今後「NPB eスポーツシリーズ」として野球コンテンツ以外のゲームタイトルを採用したeスポーツ大会も展開するという。

 「スプラトゥーン2」はカラフルなインクを撃ち合って、インクを塗ったエリア(なわばり)の広さを競うアクションシューティングゲーム。17年7月に販売し、発売から約半年で国内推定累計販売本数200万本を突破している。

photo 「スプラトゥーン2」(任天堂の公式サイトより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.