ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年07月27日 18時03分 公開

VTuberキャラ作りやすく 無料ツール、ドワンゴと美少女ゲームメーカーが提供

ドワンゴは、美少女ゲームメーカーなどと連携し、VR(仮想現実)空間でライブ配信やコミュニケーションを行えるサービス「バーチャルキャスト」向けに3Dキャラクターを作成できるツールを無料で提供する。

[片渕陽平,ITmedia]

 ドワンゴは、バーチャルYouTuber(VTuber)向けの施策を強化する。美少女ゲームメーカーなどと連携し、VR(仮想現実)空間でライブ配信やコミュニケーションを行えるサービス「バーチャルキャスト」向けに、3Dキャラクターを作成できるツールを無料で提供する。

スマホで3Dキャラ作成「カスタムキャスト」

 スマートフォンでVTuberのキャラを作成し、ライブ配信できるアプリ「カスタムキャスト」(Android版、ダウンロード無料/一部有料の機能あり)を8月下旬に公開する。iOS版は準備中という。

photo ニコニコ生放送より
photo

 ドワンゴがS-court(東京都豊島区)と共同開発した。S-courtは、PC向け美少女ゲーム「カスタムメイド3D2」などのダウンロード販売を手掛けている。

 新アプリは、髪や顔、体、衣装、アクセサリーなど、多くの設定項目をスマホ画面上で選び、好みのキャラを作れる。スマホカメラを活用し、配信者の表情を読み取る「フェイストラッキング」機能を使えば、キャラの表情付けも可能だ。

 この他、スマホカメラでリアルタイムに撮影している現実世界を、VR空間の背景に反映させる機能も搭載。niconicoの立体投稿共有サービス「ニコニ立体」と連携し、ドワンゴが提案している3Dアバターのファイルフォーマット「VRM」での出力もできる。

VRコンテンツを提供するIVRが開発「Vカツ」

 また、VRコンテンツを提供するIVR(千代田区)とも協業する。同社が提供する3Dキャラ作成ツール「Vカツ」(PC向け、無料)と、バーチャルキャストを連携させる。制作したキャラをVRMで出力し、ライブ配信に使えるようにする。

photo

 Vカツも300超の設定項目を組み合わせ、3Dキャラを作れる。キャラのアニメーションや表情付けも可能だ。作成したキャラは、無料で商用利用できる。今後は女性キャラだけでなく、男性キャラも作れるようにする他、スマホ対応も予定している。

photo
photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.