ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年07月31日 10時10分 公開

LINE Pay、コード決済用の独自端末開発中 年内に日本・台湾で受け付けへ

LINE Payは、QRコード決済用の独自の決済端末「LINE Pay ORIGINAL DEVICE」を開発中だと発表した。年内に日本と台湾で申し込み受け付ける計画だ。

[ITmedia]

 LINE子会社のLINE Payは7月30日、決済サービス「LINE Pay」用の独自の決済端末「LINE Pay ORIGINAL DEVICE」を開発中だと発表した。年内に日本と台湾で申し込み受け付ける計画だ。

画像

 LINE PayのQRコード決済に対応するスタンドアロン型自社決済端末。決済金額を入力すると、QRコードを表示。顧客がスマートフォンで読み取ると、LINE Payで決済できる。POSの改修や店舗用のスマートフォンの調達、QR印刷物の貼り出しなど不要で、スマホ決済に対応できるとしている。

 端末サイズは95(高さ)×80(幅)×155(厚さ)ミリ、重さは約900グラム。Bluetooth V4.2/Wi-Fi/WCDMA/NFCに対応する。NFC決済は当初は台湾のみで提供する。

 QRコード決済をめぐっては、NTTドコモやヤフー、楽天などが続々と参入し、競争が激化している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.