ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年07月31日 11時54分 公開

Chromeブラウザ、「Daydream View」および「Mirage Solo」で利用可能に

Googleが、Webブラウザの「Chrome」をVRプラットフォーム「Daydream」に対応させた。「Daydream View」とLenovoのスタンドアロンヘッドセット「Mirage Solo」で利用できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは7月30日(現地時間)、Webブラウザ「Chome」をVRプラットフォームである「Daydream」に対応させたと発表した。オリジナルヘッドセット「Daydream View」および中国Lenovoのスタンドアロンヘッドセット「Mirage Solo」で利用できる。

 chrome 1 Daydreamのホーム画面にChromeブラウザのアイコンが表示される

 Android版Chromeで利用できる音声検索やシークレットモードなどがヘッドセットでも同様に利用できる。同じアカウントでログインしていれば、他の端末のブックマークをそのまま利用できる。

 さらに、VRならではの“シネマティックモード”を追加した。動画を視聴する際、全画面アイコンをタップすると、横長の表示になる(記事末の動画を参照のこと)。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.